「〈針孔〉・〈針眼〉みず」

「〈針孔〉・〈針眼〉みず」ということばが出てきた。漢検漢字辞典で調べると、「針の端にあって糸を通す小さな穴。はりのみみ。(参考)「針孔」は「めど」とも読む。」
勉強になりました。

「跨躡(こじょう)」

「跨躡(こじょう)」ということばが出てきた。角川大字源で調べると、「またがりふむ。」
勉強になりました。

「屠門(ともん)を過ぎて大嚼(たいしゃく)す」

「屠門(ともん)を過ぎて大嚼(たいしゃく)す」という故事ことわざが出てきた。角川大字源に「過屠門而大嚼(ともんをすぎてたいしゃくす)」で」掲載されていて、「肉屋の前を通ると、口を大きく開いてかむまねをする。肉を食べなくとも、それで気持ちを満足させる。」
勉強になりました。

漢字を逆から読む「為替(かわせ)」

読売新聞のなぜなぜ日本語というコラムの記事が興味深かったので掲載します。

漢字を逆から読む「為替(かわせ)」

経済の記事でしばしば登場する言葉に「為替」があります。金銭の受け渡しを
するのに、現金の代わりに手形や小切手などを用いて行うやり方で、読みは
「ためがえ」でなく、「かわせ」です。なぜ、そんな風に読むのでしょう。
 「為」=「かわ」、「替」=「せ」ではありません。読みを割り振るとしたら、「為」
=「せ」、「替」=「かわ」です。「替(かわ)す(取り替えること)」という言い方に
なり、「せ」(「する」の意)に「為」の字を当てたものです。漢字の順序と日本語
で読む順序が逆になっているのです。
 昔の手紙の文章では、「被下」(くだされ)、「被為人」(いらせられ)のように、
「為」を「せ」、「被」を「る・らる」と書き、ひっくり返して読む習慣がありました。
「為替」には、そうした昔の書き方の名残があります。
  常用漢字表には「為」は漢字1字の読みに「い」のほかに、特別な読み方
をする言葉として「為替」が載っています。
 なお、通貨の違う外国との取引に用いられる外国為替は略して「外為」と言
います。「為替」という言葉の成り立ちを知ると、ちょっととまどうかもしれませ
んが、これはそのまま「がいため」と読んでください。     (関根健一)

勉強になりました。

「馬圉(ばぎょ)」

「馬圉(ばぎょ)」ということばが出てきた。大漢語林によると、「うまかい。圉人(ギョジン)」
勉強になりました。
プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ