FC2ブログ

「破読」に訂正

今日漢検から、漢検 生涯学習ネットワークの会員通信が届いた。その記事の中に日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所 田中郁也先生の 題名『忖度』が掲載されていた。「・・前略・・・、昨年世間をにぎわせた『忖度』という言葉の『度』字です。『度』は”はかる・おしはかる”の意味の場合では”タク”と読み、それ以外の意味で用いる時には”ト・ド”と読みます。・・・中略・・・『度』のように、ひとつの漢字の意味によって読み分けることを、『破読』と呼びます(また破音・読破とも)。 ・・・後略・・・。」

上記に記事にあるように以前、「同音異義異読」と使っていましたが、「破読」に訂正いたします。すべて訂正できませんがお許しください。

音訓異義異読2「粥」「鬻」

「粥」「鬻」

(1)シュク・・・かゆ。 例 粥薬(シュクヤク)

(2)イク・・・うる。ひさぐ。 例 粥獄(イクゴク)・・・金をとって裁判を手加減する。
                   粥文(イクブン)・・・人から依頼されて、金をとって文章をつくる。
                   粥技(イクギ)・・・金をとって、技術を人に伝授する。

※粥獄(いくごく)が前回の検定にでましたね。できませんでした。(笑い)

音訓異義異読3「愒」

「愒」

(1)カイ・・・むさぼる。 「玩愒(ガンカイ)」・・・いたずらに日を過ごす。 「愒日(カイジツ)」・・・日をむさぼる。
               「愒陰(カイイン)」・・・光陰をむさぼる。また、年の暮れ。
               「愒時(カイジ)」・・・時をむさぼる。

(2)カツ・・・おびやかす。 「恐愒(きょうかつ)」 「恫愒(どうかつ)」

(3)ケイ・・・いこう。休む。 「愒息(ケイソク)」「游愒(ユウケイ)」「流愒(リュウケイ)」

音訓異義異読4「景」

「景」

(1)ケイ・・・ひかり。   例 光景(コウケイ)

(2)エイ・・・かげ。    例 景印(エイイン)・・・書物などを写真で複製印刷すること。
                  搏景(ハクエイ)・・・影を打つ。力を尽くしても得るところのないたとえ。捕影

音訓異義異読5「噫」

「噫」

(1)イ・・・ああ。嘆息。 例  噫噎(イエツ)・・・息のつまるさま。
                  噫嗚(イオ)・・・嘆き悼むさま。

(2)アイ・・・おくび。 例 噫気(アイキ)・・・おくび。
               噫欠(アイケン)・・・おくびと、あくび。



プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員


興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ