「委積」の音読み

「委積」の音読みを問う問題が出てきた。「イセキ」と答えた。ブーである。まず、新漢字辞典で「委積」の意味を調べると、「①つみたくわえる。▼委は少し積む。積は多く積む。②凶年に備えて、米をたくわえること。」 さらに、「積」の読みを調べると、「セキ 1⃣ ①つむ。②つもる。③多い。以下略。 2⃣ たくわえ。」 ここでは、たくわえを意味するので、「」と読むのか。
勉強になりました。

「魚腮」の音読み

「魚腮」の音読みを問う問題が出てきた。「ギョシ」と答えた。ブーである。「腮」を漢検漢字辞典で調べると、「サイ」。「シ」しか読めないよー。何とか忘れないようにしたい。漢典で調べると、「sāi」という発音が掲載されていた。
勉強になりました。

「湫」の覚え方

「クテ」の読みは出来るが、書き取りができない。これもダジャレで覚えよう。「腹一杯(食って)〔くて〕、飽き(秋)が来た。これもサンズイ偏にしましょうね。

「鰈」の覚え方

魚の「カレイ」の書き取り問題が出てきた。なかなか出てこない、以前もそうだった。「鮃」しか出てこない。これは「ヒラメ」だ。ダジャレで覚えよう。「蝶(チョウ)は華麗(カレイ)に舞う」。 虫偏を魚偏にしましょうね。(笑い)

「郭公(かっこう)」

テレビを何気なく視聴していた。鳩時計の専門店に立ち寄った。鳩時計の鳥は鳩ではなく、郭公(かっこう)だそうだ。郭公の別称には閑古鳥があり、「閑古鳥が鳴く」で商売には不適なので、鳩になったらしい。今、syuusyuuさんの書き取り問題をしているが、「郭公(かっこう)」が書けなかった。これからはこの記事を思いだせば忘れないと思う。(笑い)

「竹根蛇(ひばかり)」

鉄腕DASHという番組を視聴していた。多摩川の鮎を調査していた。そのなかに小さな蛇をメンバーの一名が捕まえた。「竹根蛇(ひばかり)」である。水陸両方の獲物を食べ、鮎も食べるらしい。漢検漢字辞典で調べると、「ナミヘビ科のヘビ。森林の水辺にすむ。全長約50センチメートルと小さく、暗褐色。無毒。(由来)有毒と思われ、かまれるとその日ばかりで命が終わると信じられていたことから。(表記)「日計」とも書く。」 
勉強になりました。

第28回漢字おしゃべり会開催について

第28回漢字おしゃべり会開催について、別紙リンクします。PDFで作成しています。多数の参加をお待ちしています。
プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員


興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ