FC2ブログ

数学検定準1級の過去問題を解いてみた。

この問題は数学検定準1級の過去問で以前解けなかったのですが、「合格(うか)る計算 数学Ⅲ」に参考になる記事があり、解いてみました。見にくいですが、画像をクリックしてください。

問題 ∫1/(sin2x)dx


img_1

img_2

第3回連続公開講座を受講してきました。

立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所主催の連続公開講座【第3回】を受講してきました。講師は高島敏夫先生、場所は立命館大学衣笠キャンパス。テーマは西周時代中期の金文を読む―歴史の現実を知る。前にも書きましたが、私は中国の古代史特に、殷や周の時代に興味を持っていて、第1回目・2回目に続き、今日の第3回目も大変面白かったです。特に毛公鼎の金文読解が興味深かったです。今日は、受講者のなかにどこかでお見かけした方がおられたので、受付の方に確認をしたところ、故白川静先生の娘さんと娘婿の津崎幸博先生でした。びっくり。(笑い)

「貧道(ひんどう)」

『封神演義』を読んでいると、「貧道(ひんどう)」ということばがよく出てくる。
日本国語大辞典によると
[1] 〘名〙
① 仏語。仏道修行の貧しいこと。徳のうすいこと。また、その人。一般に、僧をさしてもいった。
※伝教大師消息(824‐831頃)「无縁慈不レ忘二貧道一」 〔釈氏要覧‐上〕
② 転じて、貧乏のこと。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)四「倶に貧道に落ち入りけるほどに生平(せいへい)心に叶はぬ事ばかりなれば」
[2] 〘代名〙 自称。僧侶が自分をさして、謙遜していう語。拙僧。

文の中では、[2]の意味で使われていることが、ほとんどですね。
勉強になりました。

『封神演義』を一気に読んだ。

佐藤信弥著 「周」のはしがきを読んでいて『封神演義』のことが、書かれていた。面白そうだと思ったので、先日、集英社文庫『封神演義』を購入、前編を一気に読んだ。小学生の時『三国志』や『西遊記』を読んだワクワク感が蘇ってきた。(笑い)

はしがき一部抜粋
「・・・・西周には、私たちににも馴染みのある人物やエピソードがいくつか存在する。例えば釣りで知られる太公望は、周の文王・武王父子を補佐して殷王朝打倒に導いた人物である。漫画にもなった明代の通俗小説『封神演義』の主人公でもあり、御存知の方も多いだろう。・・・」
プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員

※数学検定受検につき、漢字検定の受検はしばらくお休みします。

興味のあること

漢字検定 数学 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最新コメント
アクセスカウンター