「真(眞)」の字について

「真(眞)」の字について、字統で調べてみた。「旧字は眞に作り、匕と県に従う。匕は化の初文で、死者の形。県はきょう【郻の左側】で、首の倒形。合わせて顚死の人(行き倒れの人)を意味する。・・・略・・・ 真とは死者、それはもはや化することのないものであるから、永遠にして真実なるものの意となる。真の字形を解するには、真をその構成要素とするそれぞれの字を分析して、そこから帰納する方法をとることができる。顚てんは顚死の人。真がその顚死者であるが、そのような非命の死者の怨霊おんりょうはおそるべき呪霊じゅれいをもつものであるから、これを愼(慎)み、塡うずめて鎭(鎮)いわい葬り、その瞋いかりを鎮めなければならない。それで屋舎を設けてその霊位を設け、そこに寘くのである。また、玉ぎょくをもってその霊を鎮めることを瑱てんという。すなわち真の字形のうちに含む顚・慎・塡・鎮・瞋しん・寘しは、いずれも顚死者と、その呪鎮の法に関する字である。・・・略」
大変おもしろい、勉強になりました。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ