FC2ブログ

「忽区(こつく)」

「淮南子(えなんじ)の思想」という本を読んでいた。「忽区(こつく)」という熟語が出て来た。「精を太清の本もとに同あわせて忽区こつくの傍かたわらに游あそぶ・・・略」の文章である。辞書を引いても、「忽区(こつく)」という言葉は出てこない。漢典で引いてみると、「犹忽荒,天空。」と記載されていた。「犹」は「猶」で「なお」。「忽荒」についてはいろいろな辞書に記載があった。【忽怳・忽惚・忽荒・・・コウコツ 「(1)定まった形のないさま。無形なさま。[老子・14] (2)我を忘れて心がうつろなさま。(3)天空。[淮南子・人間」(4)人名、黄帝の臣。黄帝がなくした玄珠(=黒く光る玉)を見つけたと淮南子えなんじにある。」
ここでは、「大空」という意味ですね。勉強になりました。

(2012/10/08 追加訂正)
「犹」は「猶」で「なお」と書きましたが、「犹」を漢典で引くと、「1. 相似,如同:~如。过~不及。」とあり、「如し」の方が適切かもしれません。さらに、「天空」も引くと「谓天际空阔。」とあり、一般的な「天空」と解釈するよりも、何か精神的なものを含め、広々とした気持ちや空間の中と解釈するほうがよいのかも知れません。あくまで私見ですので。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ハンドルネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)(今は、このジーンズは擦り切れ、修理不可能になりましたので、断捨離しました。)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定準1級1次合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了(日本漢字能力検定協会)
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員

※数学検定受検につき、漢字検定の受検はしばらくお休みします。

興味のあること

漢字検定 数学 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最新コメント
アクセスカウンター