「苧環塚(おだまきづか)」

遅塚麗水の「山水供養」を読んでいた。苧環塚(おだまきづか)が出て来た。ネットで調べてみた。

○緒環塚<おだまきづか> 磯城郡大三輪町(旧磯城郡三輪町)
 大神神社一の鳥居を見て、右折した街道端に、緒環塚がある。昔、緒環姫のもとに、名をいわぬ貴人が通うた。姫は、それがどこの何人とも知れないので、ある夜、糸をつけた針を、その人の裳にさして置いたところが、翌朝、その糸の端は三輪山にいって止まり、あとには三輪だけ残っていた。姫はここに始めて神のみことと知り、残りの糸を土に埋めた。それが緒環塚である。(上田良雄)

さらに調べてみた。

○三輪の由来 磯城郡大輪町(旧磯城郡三輪町)
 陶都耳命には、活玉依姫という美しい姫があった。ある夜の真夜中に、世にもまれなりっぱな若い男がきて、姫と夫婦のちぎりを結んだ。間もなく姫は妊娠した。父母は驚いた。「お前はたしかに妊んでいるが、夫がいないのにどうしたのか。」と問うた。 姫は、「名も何も知りませんが、姿のたいへん麗しい男の人が毎晩きて、夜明けになりますと、どこかへ帰って行きます。」と答えた。「今夜その男がきたら、寝床のあたりに赤い土をまいて置き、緒環(おだまき)の絲の端を針にとおして、男の着物のすそに刺しておけ。」と父母は教えた。 姫は教えられた通り、衣のすそを針に刺しておいた。夜が明けてから見ると、室の周囲の赤土には足跡はなく、糸は戸のかぎ穴からぬけ出て、三輪山の神の杜に入り、家には緒環にわずかに三輪だけが残っていた。それからこの地を三輪と呼ぶことになった。(萩原愛孝)

奈良県に住んでいながら、これも知りませんでした。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員


興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ