「俯」の字

「高い所から広い範囲を眺める」が記載されていて→「ふかん」という書き取り問題。正解は「俯瞰」である。「俯」の字が気になったので、字統で調べてみた。形声。音符は府ふ。正字は頫ふ。また俛ふに作り、声義はみな同じであるが、いま多く俯を用いる。[易、繫辞伝、上]に「仰ぎては以て天文を觀、俯しては以て地理を察す。」という。また[孟子、人尽、上]「仰いでは天に愧はぢず、俯して人に怍はぢざるは二の楽しみなり。」と、俯仰ふぎょうと対文とする。俯仰の間とは、人の起き伏しする意で、しばらくの間の意。王羲之の[蘭亭集らんていしふの序]に「俯仰の閒に以すでに陳迹ちんせきと爲なる。」の語がある。

陳迹:むかし、物事のあったあと。なごり。

蘭亭集の序」を確かめた。wikipediaに掲載されていました。すぐにネットで調べられるのは嬉しいですね。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ