「病気がアツくなる。」

上記の書き取り問題が出て来て、違和感を感じながら、「罵」と書いてしまった。ブー。答えは、「篤」である。「篤」を字統で調べると、「会意 竹と馬とに従う。竹は竺じくの省文と見られ、[爾雅、釈詁]に竺と篤とをならべ挙げて「厚きなり」と訓している。竺には毒の意がある。その竺を馬に施したものが篤で、篤とは馬の困弊こんぺいすることをいう。[説文]に馬行きて頓つまづき、遅きなり」とあり、[爾雅、釈詁]に「固きなり」とする。字は古くから篤厚の意に用い、・・・・(略)・・・・・[礼記らいき儒行]「篤行して倦まず」などみなその義であるが、それらの用義はおそらく毒の仮借かしゃであろう。毒は婦人が祭祀さいしにあたって、髪に多くの飾りをつける形である。もと竺じく声で、[椒聊]では匊きくと篤とが韻する。字はいま危篤・篤疾などのほかはすべて篤厚の意に用いる。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ