「五十歩百歩」

大学受験の簡単な問題集を使って勉強しています。まず、「五十歩百歩」から

(本文)孟子対曰く「王好戦。 
(書き下し文)孟子(もうし)対(こた)へて曰(いは)く「王(おう)戦(たたか)ひを好む。
(現代語訳)孟子はお答えして言った。「王は戦争がお好きです。

(本文)請以戦喩。・・・・
(書き下し文)請(こ)ふ戦(たたか)ひを以て喩(たと)へん。
(現代語訳)どうか戦争の話でたとえさせてください。

※勉強したこと、
「対(こた)へて」・・・1級の問題に出題されましたね。
「曰(いわ)く」・・・1級対象です。 「曰わく」は「のたまわく」です。
「喩(たと)える」・・・1級対象です。熟語として、「暗喩」「引喩」「隠喩」「直喩」「比喩」「譬喩」・・・。


(本文)塡然鼓之、兵刃既接。 
(書き下し文)塡然(てんぜん)として之(これ)を鼓(こ)し、兵刃(へいじん)既に接(せつ)す。
(現代語訳)ドンドンと太鼓が鳴らされ、武器がぶつかりあいました。

(本文)棄甲曳兵而走。 ・・・・・
(書き下し文)甲(よろい)を棄(す)て兵を曳(ひ)きて走(はし)る。
(現代語訳)よろいを脱ぎ捨て、剣をひきずって逃げる者がいました。

※勉強したこと
「塡然(てんぜん)」・・・太鼓の音が鳴り響くさま。また、そのように勢いのよいさま。
「兵刃(へいじん)」・・・武器のやいば。しらは。
「曳(ひ)く」・・・熟語で、「曳航(えいこう)」「揺曳(ようえい)」など。「尾(お)を泥中に曳(ひ)く 」という故事あり。


(本文)或百歩而後止、
(書き下し文)或(ある)いは百歩(ひゃっぽ)にして後(のち)止(とど)まり、
(現代語訳)ある者は百歩逃げて止まり、

(本文)或五十歩而後止。
(書き下し文)或(ある)いは五十歩(ごじゅっぽ)にして後(のち)止(とど)まる。
(現代語訳)ある者は五十歩逃げて止まる。

※勉強したこと
「止(とど)まる」・・・表外読み 
「而」・・・ここでは、置き字なので読まない。 「而して(しかして、しこうして)」・・・そうして。そして。 「而立(じりつ)」・・・三十歳の異称。

(本文)以五十歩笑百歩
(書き下し文)五十歩を以て百歩を笑はば、
(現代語訳)五十歩逃げた者が百歩逃げた者を笑ったとしたら、

(本文)「則如何。」
(書き下し文)「則(すなは)ち如何(いかん)」と
(現代語訳)「どうでしょうか」と。

※勉強したこと
「則(すなわ)ち」・・・表外読み 漢文には頻出。
「如何(いかん)」・・・漢検漢和辞典熟語訓・当て字索引に掲載。

(本文)恵王曰、「不可」
(書き下し文)恵王(けいおう)曰(いわ)く、「不可(ふか)なり。」
(現代語訳)恵王は言った、「それはいかん。」

(本文)直不百歩耳
(書き下し文)直(ただ)百歩ならざるのみ。
(現代語訳)ただ百歩でないというだけだ。

(本文)「是亦走也。」
(書き下し文)「是(こ)れも亦(また)走るなり」と。
(現代語訳)「五十歩の者も逃げたことに変わりはない」と。

※勉強したこと
「耳(のみ)」・・・表外読み。ここでは、「直ダA(ナル)耳」・・・たダA(ナル)のみ。
「亦(また)」・・・準1級

【完】

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員


興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ