「何首烏」

何首烏は当て字で「つるどくだみ」と読みます。タデ科のツルドクダミの塊根。唐時代の中国では不老長寿の薬として有名でした。
我が国では八代将軍吉宗が中国から苗を取り寄せ全国に栽培させたのが、伝来の経緯といわれる。
名前の由来は何首烏という人の祖父が見つけた根を粉にして飲んで親子三代が長生きしたという伝説や、 何公という王が服用したところ頭の白髪が烏の羽のように黒くなったという説がある。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ