「苧麻(ちょま、からむし)」

今日、読売新聞の上杉謙信の記事を見ていて、「苧麻(ちょま、からむし)」という単語が目に入った。記事をよく読んでみると、

 今でこそ、新潟県魚沼地方は、魚沼産コシヒカリで有名で、あたり一面水田となっている。ところが、謙信の時代、米よりも麻布の原料となる青苧(あおそ)の作付面積のほうがはるかに多かった。青苧は苧麻という言い方もする。
 この青苧栽培を奨励しただけでなく、専売制にしていた。この青苧から、麻糸を紡ぎ、それを織った製品が越後上布で、特に京・大坂で一世風靡した。その当時は舟運が中心で、京・大坂へ越後上布を運ぶ港には、謙信の地盤である越後に、柏崎・寺泊・直江津などの良港があり、謙信は、それらの港に出入りする船に「舟道前(ふなどうまえ)」という関税を課していたのである。その収入は莫大だったといわれている。こうした経済力をバックに越後を統一し、さらに他国への軍事侵攻を進めることになるのである。(途中意訳箇所あり)

上杉謙信と苧麻が関係しているなんて知らなかった、
勉強になりました。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ