「斧柯(ふか)を視れば爛尽(らんじん)す」

「斧柯(ふか)を視れば爛尽(らんじん)す」ということばが出てきた。ことわざ事典等にも掲載されていない。「斧柯」を漢和辞典でしらべると、(1)おのの柄 (2)政権のたとえ 「爛尽」を漢和辞典で調べると、私の持っている辞書には掲載されていない。「爛」は、「ただれる。くさる。」等の意味があるので、「政権がみだれている」という意味かと思った。しかし、漢検の漢字辞典の「爛」の見出しを見ていると、「爛柯(らんか)」という熟語が出てきた。(1)囲碁に興じているうちに時間がたつのを忘れること。また、囲碁の別称。(2)遊びや物事に夢中になって時間を忘れること。
(故事)中国、晋の時代、きこりの王質(おうしつ)が、子どもたちが囲碁を打っているのをナツメを食べながら見ているうちに、持っていた斧の柯が腐り、帰ってみるとすでに数十年たっていて、当時の人はだれもいなかったという故事から。
これは、明らかに後者の意味ですね。日本でいう浦島太郎のおとぎ話ですね。すっきりしました。
面白い。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ