「甑(そう)を堕(おと)して顧みず 」

「甑(そう)を堕(おと)して顧みず 」という故事ことわざが出てきた。ネットで調べると、「あきらめのよいこと。漢の孟敏が、こしきを落としたのを振り向きもせずに立ち去ったので、郭林宗がそのわけを聞くと、すでにわれてしまったものを見て、なんの益があろうかと答えた故事。【参考】 「甑」は、こしき、せいろう。」
また、「甑(こしき)を落とす。」ということばがある。これもネットで調べると、「皇子・皇女出産の際行われた呪法じゆほう。御殿の棟から甑を落とすもので、「甑」が「腰気」の音に通ずるからともいう。皇子のときは南へ、皇女のときは北へ落としたという。」
上記の文は、「済んでしまったことは振り返らない」ということ。下の文は、「落とすと縁起が良い。」 対比が面白く感じたので列挙しました。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員


興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ