「螻翁伝(ろうおうでん)」

螻(けら)という虫は、よく飛べども家を過ぐる事あたはず、よくのぼれども木を窮(きわ)むる事あたはず、よくおよげども谷を渡る事あたわず、よく穴ほれども掩(おほ)ふ事あたわず、よく走れども人を免るゝ事あたわず。是をかれが五能ありて一ッをもなさずとはいへりとぞ。
 ここに翁あり、詩つくれども詩ならず、歌よめども歌に似ず、物かけどもよからず、絵かけどもつたなく、俳諧すれども下手なり。我かの虫におとらめやとて、みずから螻翁(ろうおう)とぞ名のりける。やや老いにたり、今はかかる身のほどをしりて、他にほめられむ事をねがはず、人の謗りをいとはず。さらば何に歟(か)も腹たてゝ、かのつぐみという鳥にはよろこばるべき。よしたゞかれは腹たつべくとも、我は笑はむと思へるなりけり。(鶉衣より)

 上記の文を読むにあたり、次のことわざを知っていると、意味解釈が深まり、漢字検定の勉強にもなります。
○石鼠(せきそ)五能(ごのう)一技(いちぎ)を成(な)さず。
○螻蛄(けら)腹立つれば鶫(つぐみ)喜ぶ。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ