「木履(ぼくり)の説」

横井也有の鶉衣、木履(ぼくり)の説を読んでいておもしろい部分を抜き出します。

抑(そもそも)足高きものを木履・下駄と号し、たけ低きを下駄といへるは、いずれ一体分身にして、ここに尊卑の差別はあらねど、俳諧のうへに二つの姿を論ずべくば、ぼっくりぼっくりと静なるは雪降りの朝にして、下駄下駄といそがしきは村雨の夕べなるべし。

参照 「木履」は背の高い下駄。
    「俳諧のうへに二つの姿を論ずべくば」は「俳諧の方で木履と下駄の二つの趣を論ずると すれば」の意。

「ぼっくりぼっくり」と「げたげた」と駄洒落のようで面白く感じました。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員


興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ