「寿陵の余子の悲劇」

中公新書「荘子」を読んでいた。「寿陵の余子の悲劇」と言う言葉が出てきた。ネットで調べると、「燕(えん)の国の壽陵(じゅりょう)という町の少年が趙(ちょう)の国の首都邯鄲(かんたん)に行き、都会の人の歩き方を真似ようとしたが、うまく行かなかったばかりか、もとの歩き方もできなくなってしまい、這って帰るはめになった。」 漢検漢和辞典では「邯鄲の歩み」で掲載されていた。
勉強になりました。

comment

Secret

プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ