FC2ブログ

第1回日本漢字学会に行ってきました。

第1回日本漢字学会に行ってきました。12月1日は行けなかったですが、今日12月2日に非会員で参加しました。

会場:京都大学

〇 10時~シンポジウム「電子版漢和辞典のいま―漢和辞典はここまできた」
 阿辻先生の司会のもと、KADOKAWA 学研プラス 三省堂 大修館書店が電子版漢和辞典数種についてプレゼンテーションをされました。その後、それをふまえて、いま供給されている電子版漢和辞典にいかなる得失があるか、また情報化社会において漢字がかかえている問題が今後どのように解決されようとするのかなどについて、ユーザーとしての会員と、メーカーの開発者とのあいだに、自由かつ真摯な討論が展開できる場を提供したいという主題のもと話し合いがありました。

〇 14時~ 記念講演「漢字明朝体の来た道」樺山紘一(印刷博物館長) 
明朝体が日本にどのように入ってきたのか、また、根付いたのか。わかりやすく説明がありました。

どちらの話も興味深く、面白かったです。来年第2回日本漢字学会は東京大学で開催予定だそうです。

「虎賁(コホン)」

佐藤信弥著 「周」-理想化された古代王朝を読んでいた。「虎賁(コホン)」ということばが出てきた。ネットで調べると、「勇猛な軍隊。」 本文では、「近衛兵」と記載されていました。
勉強になりました。

「匍有(ホユウ)」

佐藤信弥著 「周」-理想化された古代王朝を読んでいた。「匍有(ホユウ)」ということばが出てきた。字通で調べると、「身を以って守りたすける意に用いる。金文に『匍有』といい、〔書〕に『敷佑』、〔左伝〕に、『撫有』とあるのは、同系の語。」
本文の中では、「四方の匍有」と使用されていて、「四方を領有する。」という意味ですね。
勉強になりました。

「漢検生涯学習ネットワーク」研修会に参加してきました。

今日は、漢検ミュージアムで行われた「漢検生涯学習ネットワーク」研修会に参加してきました。講師は、京都府立大学講師 藤本 灯先生 演題は「日本の古い辞書に見える漢字と訓み」でした。演題はむつかしそうな感じですが、とても面白く興味深かったです。
名前を「音」で読むのか「訓」で読むのか記号(音読みの時は真ん中に縦棒の記号、訓読みの時は左側に縦棒の記号)がついていることや普段は滅多に実名(じつみょう)を名乗らない等。だから「諱(いみな)」といい生前には口にすることをはばかったのか。
勉強になりました。それが終わり交流会があり、クイズ大会がありました。景品に漢字の「漢」の字が入った消しゴムをいただきました。
その後、帰り際に少し四条河原町、新京極あたりを散策しました。インバウンドの影響ですね。奈良も外国からの人が多いですが、それとは比べ物にならない程の人、人、人。ああ疲れた。(笑い)

「鹹水」と「煎熬」

NHKのまんぷくという朝ドラを見ている。インスタントラーメンを発明した安藤百福とその妻をモチーフにしたドラマである。そのドラマの中で、萬平と神部 茂が赤穂へ塩づくりを学びに出かけ、塩づくりを教えてもらうシーンがある。その中で、「鹹水」と「煎熬」という言葉が出てきた。1級を勉強した者なら、この漢字くらいは書けないとダメかな? 私は、しばらく漢字の勉強をしていなかったので、「鹹」の字の「鹵」の部分が「齒」に近い字になってしまった。ダメですね(笑い)。
プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員

※数学検定受検につき、漢字検定の受検はしばらくお休みします。

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ