FC2ブログ

おとなの学び舎(第3回目)に参加してきました。

〇講座名 おとなの学び舎’19春 「ほんまかいな」 漢字の「常識」を検証する―改めて、漢字の謎Ⅱ
       「辛」と「幸」の差は線一本?!

〇講師 久保裕之 立命館大学専任職員/白川静記念東洋文化研究所文化事業担当

〇場所 立命館大阪梅田キャンパス

〇時間 14:00~15:40

〇内容 「辛」は「刺青の針」を意味します。「辛、辞、乱」「壁、璧、癖」「言、信、音、意」「章、童、妾」「新、親」のグループ分けを
     してそれぞれ成り立ちを説明。
     「人」の系統の字を甲骨文字から説明。「ひとやね」の部首に関する字を甲骨文字から説明。
     「幸」は手かせを意味します。「幸、執、報」についてそれぞれ成り立ちを説明。
     最後に、「辛」と「幸」についてまとめ。

〇感想 今日もわかりやすく、興味深かった。


     

おとなの学び舎(第2回目)に参加してきました。

〇講座名 おとなの学び舎’19春 「ほんまかいな」 漢字の「常識」を検証する―改めて、漢字の謎Ⅱ

〇講師 久保裕之 立命館大学専任職員/白川静記念東洋文化研究所文化事業担当

〇場所 立命館大阪梅田キャンパス

〇時間 14:00~15:40

〇内容 六書(指事、象形、形声、会意、転注、仮借(かしゃ))について、具体的に文字を挙げて説明。
     「人」の系統の字を甲骨文字から説明。「ひとやね」の部首に関する字を甲骨文字から説明。

〇感想 今日もわかりやすかった。

〇参考 今日は、第2回目 第3回目は 6/19 にあります。
     

第7期漢字教育サポーター育成講座修了式に伴う研修会・交流会に参加してきました。

昨日、第7期漢字教育サポーター育成講座修了式に伴う研修会・交流会に参加してきました。                         
会場 漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)
研修会11:15~12:45 (受付開始11:00)
交流会13:00~14:30 
研修会テーマ:講演会「漢字文化圏における名付け」
講師:京都産業大学文化学部 久米 裕子先生
内容:昨今の日本における名付け事情をふまえ、
中国における伝統的な名前の付け方や今中国で流行りの名前について。

研修会が終わり、立食の交流会で多くの人と交流できました。遠くは北海道や福岡から、もちろん、
近隣の県からも多数参加がありました。研修会・交流会後も近くの喫茶店で漢字の話題を含めた
話題で盛り上がりました。楽しい充実した時間が過ごせました。

「纊(こう)を挟む」

本朝文粋を読んでいたら、「纊(こう)を挟む」ということばが出てきた。本文の註によると、「綿入れを着たような気持ちにさせられて。」
ネットで調べると、「人の厚い恩情に感じて寒さを忘れること。」
勉強になりました。

「虎魄床頭(こはくしょうとう)の枕に砕け」

本朝文粋を読んでいたら、「虎魄床頭(こはくしょうとう)の枕に砕け」という文が出てきた。本文の註によると、「贅沢な虎魄の枕も砕かれ。寡欲でつつましい宋の武帝が、刀や矢の傷に効くとして献上された虎魄の枕を戦いに赴く将軍に砕いて分け与えた故事。(宋書・武帝紀)」
勉強になりました。
プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

〇漢字検定1級13回合格
〇数学検定2級合格
〇漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定、受講修了
〇平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
〇奈良漢字おしゃべり会 会員
〇関西漢字教育サポーターの会 会員

※数学検定受検につき、漢字検定の受検はしばらくお休みします。

興味のあること

漢字検定 数学 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ