類義語撰6

○須臾(しゅゆ)・・・短い時間。しばらくの間。ほんの少しの間。(類)暫時(ざんじ)
○鏘鏘(そうそう)・・・(1)玉や金属が触れ合って鳴り響くさま。また、高く美しい音の響くさま。鏘然。(2) 盛んなさま。 (類)亭亭(ていてい)(1)樹木などの高くそびえているさま。(2)はるかに遠いさま。
○轗軻(かんか)・・・《車が思うように進まない意》世間に認められないこと。志を得ないこと。(類)坎軻(かんか)
○旃毛(せんもう)・・・毛織物の毛。(類)氈毛(せんもう)
○諧比(かいひ)・・・なれしたしむ。また、その人 (類)親狎(しんこう)
○郢曲(ようきょく)・・・平安時代から鎌倉時代にかけて行われた歌謡の種目、またはその総称。語源は、中国の春秋時代に楚(そ)の国の都、郢(えい)ではやった卑俗な歌謡の意。(類)俗歌。
○譎謀(けつぼう)・・・だますこと(類)詭計(きけい)
○闌入(らんにゅう)・・・おさえをおかして許可を得ずにかってにはいりこむ。(類)瀾入(らんにゅう)
○辟公(へきこう)・・・(類)諸侯。
○旄倪(ぼうげい)・・・老人と子供のこと。旄が老人、倪が子供の意味。(類)老幼
○谿壑(けいがく)・・・深い谷。渓谷。(類)渓谷(けいこく)

類義語撰7

○霆撃(ていげき)・・・いなずまのように激しく一気にうつこと。(類)電撃
○蹊路(けいろ)・・・(類)小径。
○飫宴(よえん)・・・ 酒盛り。宴会。(類)讌飲(えんいん) 酒盛り。
○騏驥(きき)・・・(類)駿馬(しゅんめ)
○躁佻(そうちょう)・・・かるはずみ。(類)軽浮(けいふ)。
○邁往(まいおう)・・・ひたすら進むこと。邁進。(類)勇進(ゆうしん)。
○旆旌(はいせい)・・・旗。(類)旌旗(せいき)
○纘承(さんしょう)・・・受け継ぐ。(類)継承(けいしょう)
○踵践(しょうせん)・・・踏みにじる。(類)蹂践(じゅうせん)ふみにじる。
○鞋痕(あいこん)・・・くつの跡。(類)足跡。
○赭山(しゃざん)・・・はげやま。(類)禿山(とくざん、はげやま)樹木のない山。
○驩迎(けんげい)・・・(類)歓迎。
○紕謬(ひびゅう)・・・(類)誤謬(ごびゅう)。

類義語撰8

○悖戻(はいれい)・・・そむくこと。さからうこと。(類)悖反
○驟雨(しゅうう)・・・にわか(俄)雨または村雨(むらさめ)ともいい、しとしとと降る地雨に対するものである。比較的大粒の雨が断続的にザーザー強く降る。 (類)夕立。
○徼冀(きょうき・ぎょうき)・・・求め願う。希望する。むりに求め願う。(類)僥冀(ぎょうき)
○娶嫁(しゅか)・・・嫁取りと嫁入り。結婚すること。(類)婚縁(こんえん)
○餉遺(しょうい)・・・①食べ物をおくること。②おくり物。(類)饋贈(きぞう)
○彙類(いるい)・・・(類)同類。
○掏児(とうじ 熟字訓、当て字・・すり)・・・人込みなどで、他人が身につけている金品を巧みに盗み取る こと。また、その人。(類)掏摸(とうばく 熟字訓、当て字・・すり)。
○鬧熱(どうねつ)・・・(類)繁盛。
○擯棄(ひんき)・・・しりぞけ捨てること。(類)排斥(はいせき)。
○徙月(しげつ)・・・月を越す。(類)踰月(ゆげつ)。
○酩酊(めいてい)・・・(類)泥酔(でいすい)。

類義語撰9

○飄泊(ひょうはく)・・・(類)流浪(るろう)。
○帷幄(いあく)・・・1 垂れ幕と引き幕。幕。2 《昔、陣営に幕 をめぐらしたところから》作戦を立てる所。本営。本陣。(類)帳幕(ちょうばく)
○捍衛(かんえい)・・・防ぎ守る。(類)防衛。
○黝黝(ゆうゆう)・・・薄黒いさま。樹木が茂って暗いさま。(類)陰黒。
○捶撻(すいたつ)・・・むちうつ。(類)鞭捶(べんすい)。
○雉経(ちけい)・・・首をくくる。呼吸の道をなわで絞めて死ぬこと。雉はなわ、経は道。(類)縊死(いし)。
○怛然(だつぜん)・・・驚くさま。(類)愕然(がくぜん) 非常に驚くさま。
○黎民(れいみん)・・・民衆、庶民 (類)黔首(けんしゅ)
○龐錯(ほうさく)・・・もやもやと入り乱れるさま。(類)乱雑。
○鏤身(ろうしん・るしん)・・・膚に彫りものをすること。(類)文身。
○罟師(こし)・・・あみを使う漁師や猟師。(類)漁夫。
○悽惨(せいさん)・・・(類)悲惨。

類義語撰10

○駐箚(ちゅうさつ)・・・役人が他国に派遣されて 滞在すること。(類)駐在。
○翩乎(へんこ)・・・ふわふわと浮き上がる。ひらひらと翻る。(類)翩翻(へんぽん)
○天賦(てんぷ)・・・天から賦与されたもの。生まれつきの資質。(類)資稟(しひん)
○枯槁(ここう)・・・1 草木が枯れること。2 やせ衰えること。やつれること。(類) 枯木
○輿台(よだい)・・・身分の低い召使。(類)下僕。
○貪吏(どんり)・・・利益をむさぼる欲の深い役人。(類)汚吏(おり)。
○鑽孔(さんこう)・・・穴をあけること。穴を打ち抜くこと。(類)掘削(くっさく)。
○賁来(ひらい)・・・他人が自分の家に訪れてくることをうやまっていうことば。おいでになる。 (類)賁臨(ひりん)。
○闊達(かったつ)・・・心が大きく、小さな物事に こだわらないさま。度量の大きいさま。 (類)磊落(らいらく)。
○鳥瞰(ちょうかん)・・・鳥が空から見おろすように、高い所から 広い範囲を見おろすこと。また転じて、全体を大きく見渡すこと。(類)俯瞰(ふかん)。
○贅肬(ぜいゆう)・・・1 いぼやこぶのような、よけいな肉。2 無用な もの。むだなもの。(類)付贅(ふぜい)。
プロフィール

octave007

Author:octave007
奈良県 男性
ペンネーム octave(数学のソフトウエア名より)
プロフィールの画像は、自分の名を古代文字でジーンズのバックポケットに刺繍してみました。気障かな。(笑)

漢字検定1級13回合格
漢字教育サポーター養成講座 第1期受講認定
平成25年6月6日 漢字教育士(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所認定)取得
奈良漢字おしゃべり会 会員
関西漢字教育サポーターの会 会員

興味のあること

漢字検定 PC(ハードウエア、ソフトウエア) 数学

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ